ページタイトル背景

保守安全



LPガスを安全にお使いいただくために、法定点検の必要性と各種安全機器についてご説明いたします。
法定点検

LPガスをご使用するお客様に対して、液化石油ガス法第34条により 4年に1度の法定点検が義務付けられ
ています
。法定点検は、燃焼器の使用状況や給排気設備が技術上の基準に適合しているか、ガス配管設備
に漏れがないかの点検を行います。また、法定点検以外にも、周知(お客様に対してガスの安全な使用方
法のご案内)、CO点検(ガス給湯器及び排気筒の点検)も行っております。各種点検は事前にご連絡の
上 実施させていただいておりますのでご協力をお願いいたします。
安全機器について

LPガスの使用に際しては、ガス警報器CO警報器 などの安全機器を取り付けますが、これらの設置に
は機器が正しく作動するよう設置基準が設けられています。

警報器の設置図  

1. ガス警報器
 LPガスは空気より重く漏れる時は床面に広がるため、ガス警報器の設置は床から30cm以内の高さとし、
 周囲にはものを置かないようにします。
2. CO警報器
 一酸化炭素(CO)は空気より軽いので、CO警報器の設置は天井から30cm以内の高さで、一番遠いガス機
 器から4m以内とします。
3. 火災報知器
 火災報知器は熱や煙を感知するため、天井や 天井に近いところに設置します。

各機器のコンセントは絶対に抜かないでください。異常を感知できなくなります。
ガスメーター

ガスメーターには使用量を測るのは勿論ですが、数々の安全機能も備わっています。ガスの流れや圧力な
どに異常を感知するとメーターが自動的にガスを遮断し、メーター前面の液晶画面にはその内容に対応し
た「ABC」の文字が表示されます。

通常の状態

こんなときにガスは止まります
 参考URL:「東洋計器株式会社」 http://br.toyo-keiki.co.jp/meterguide/lpgas/detail/02.html
ガス警報器

ガス警報器は、ガス漏れ等でガスを検知した場合にブザーが鳴って知らせるもので、マンション・アパー
ト等の共同住宅・地下室等の建物には 取付が義務 付けられています。戸建住宅の場合は義務ではありま
せんが、取付けることによって事故を未然に防ぐことができるので、取付をお勧めいたします。
また、ガス警報器の有効期限は5年間です。警報器に貼られた交換期限表示ラベルをお確かめ下さい。

ガス警報器がなったら

CO警報器

CO(一酸化炭素)は、体内の酸素欠乏を引き起し、少量でも命の危険がある毒性の高いガスです。CO警
報器は、一酸化炭素中毒を未然に警報で知らせるもので、主にFE式ガス給湯器・ガス風呂釜等の燃焼機
器の近くに設置し、COが室内に漏れた時に警報で知らせてくれます。

CO警報器がなったら